2018.07.17

バルサ、昨シーズンの収益がクラブ史上最高額に! 約1200億円を計上

バルセロナ
昨季のリーグ王者バルセロナ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは16日、2017-18シーズンに過去最高額となる収益を計上したことを発表した。

 2017-18シーズンにリーグ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)のタイトルを獲得したバルセロナは、クラブ史上最高額となる9億1400万ユーロ(約1200億円)の収益を記録し、税抜き後の利益は、1300万ユーロ(約17億円)を計上したという。しかし、スペイン紙『マルカ』によると、利益は16-17シーズンの1800万ユーロ(約24億円)よりも減額となったことが伝えられている。

 収益が増えた理由の一つに昨夏、サッカー界の記録を更新する2億2200万ユーロ(約297億円)でネイマールをパリ・サンジェルマンへ売却したことが大きく影響しているようだ。

 一方で、利益が16-17シーズンより減額となったことには、ドルトムントからフランス代表MFウスマン・デンベレを1億500万ユーロ(約136億円)で、リヴァプールからブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを1億6000万ユーロ(約218億円)でそれぞれ獲得したことが一因として挙げられている。

 なお、バルセロナは2021年には収益を10億ユーロ(約1320億円)にすることを目標としているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る