2018.07.08

スペイン代表、新監督候補にベニテス氏が浮上…現在はプレミアで指揮

ラファエル・ベニテス監督
現在はニューカッスルで指揮を執るベニテス監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペイン代表の新指揮官候補に、現在ニューカッスルを率いているラファエル・ベニテス監督の名前が挙がっているようだ。7日付のイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 スペイン代表は2018 FIFAワールドカップ ロシアの開幕前日にフレン・ロペテギ氏を解任し、フェルナンド・イエロ監督のもとで大会を戦った。決勝トーナメント1回戦でロシア代表に敗れて大会を後にしたスペイン代表は、イエロ監督が近日中に元のスポーツディレクター職に復帰する予定のため、新監督を本格的に探しているという。同紙の報道によると、ベニテス監督も候補のうちの1人となっているようだ。

 ベニテス監督はリヴァプール、チェルシー、レアル・マドリードなどを率いた経験があり、現在はニューカッスルの指揮官を務めている。ベニテス監督がスペイン人であることや、ビッグクラブを率いて大舞台を戦った経験があることなどをスペインサッカー連盟(RFEF)は評価している模様だ。しかし、プレミアリーグの開幕を約1か月後に控えている状況のため、ベニテス監督自身はスペイン代表の指揮官就任に乗り気ではないという。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る