FOLLOW US

ピケの所有するゲーム会社が倒産に追い込まれる…2億6000万円の損失で

所有するゲーム会社が倒産に追い込まれたピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが所有するゲーム会社『Kerad Games』が倒産したという。スペイン紙『マルカ』が5日付で報じた。

 2011年にピケが立ち上げた同会社は、オンラインゲームのデザインやプロデュース、そしてマーケティングを手掛けていた。これまでは『Golden Manager』、『Trivia League』、『Stop&Goal』という3つのモバイル端末用ゲームをリリースしている。

 特に、『Golden Manager』については人気ゲームとなった。配信開始から1年が経過した2016年には登録ユーザー数が1000万人に上ったことを同紙は伝えている。

 しかし、その後は経営がうまくいかず、同紙によれば200万ユーロ(約2億6000万円)の損失を抱えてしまった。これにより、倒産に追い込まれたとのことだ。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA