2018.06.02

ペジェグリーノ氏がレガネスの新監督に就任…スペイン復帰で再起を果たせるか

ペジェグリーノ
レガネスの新監督に就任したペジェグリーノ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2日、レガネスはマウリシオ・ペジェグリーノ氏が新監督に就任することを発表した。

 アルゼンチン出身のペジェグリーノ氏は、選手としてバルセロナ、バレンシア、リヴァプール、アラベスといったクラブでプレーした経験を持つ。現役引退後はリヴァプールやインテルでラファエル・ベニテス監督のアシスタントコーチとして経験を積んだ後、古巣のバレンシアで監督としてのキャリアをスタートさせる。

 そこでは成績不振により半年で解任されてしまうが、母国のクラブを渡り歩いた後、同じく古巣となるアラベスの監督としてリーガ・エスパニョーラ昇格1年目のチームを9位に導き、コパ・デル・レイでも準優勝を果たすなどクラブを躍進させた。

 この実績が評価されて2017年7月にサウサンプトンの監督に就任したものの、リーグ戦30試合でわずか5勝とチームの掌握に失敗。予想外の残留争いへと巻き込まれたまま復調のきっかけをつかむことができず、17位に低迷していた今年3月に解任の憂き目にあっていた。

 イングランドでは満足のいく結果を残せなかったペジェグリーノ氏だが、2シーズンぶりとなるスペイン復帰によって指導者キャリアの立て直しを図ることができるだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る