2018.05.10

主力温存レアル、3失点敗戦で2位浮上ならず…セビージャがEL出場に望み

レアル・マドリードは敵地でセビージャに敗れた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第34節延期分が9日に行われ、セビージャとレアル・マドリードが対戦した。

 6日の第36節でバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨んだレアル・マドリードは、中2日でのアウェイゲームで複数の主力選手を温存。先発メンバーにはGKキコ・カシージャやヘスス・バジェホ、ダニ・セバージョス、ルーカス・バスケスらが並び、クリスティアーノ・ロナウドやルカ・モドリッチはベンチ外だった。

レアル・マドリード

レアル・マドリードの先発メンバー [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードは苦しい戦いを強いられた。26分、ヘディングでのポストプレーで背後へ逸らされると、ウィサム・ベン・イェデルにペナルティーエリア内から左足シュートを決められて失点。先制を許すと、45分にはミゲル・ラユンに追加点を奪われた。

ラユン

セビージャの2得点目を決めたラユン(中央) [写真]=Getty Images

 0-2で迎えた後半も、レアル・マドリードはなかなか反撃に転じることができない。70分にはボルハ・マジョラルを投入したが、84分にオウンゴールで3失点目。左サイド不覚を破られると、ゴールライン際からの折り返しに反応したセルヒオ・ラモスの足に当たったボールがゴールへ吸い込まれた。

 3点ビハインドを負ったレアル・マドリードは87分、右サイドからのクロスにマジョラルが頭で合わせて1点を返す。さらに後半アディショナルタイムにはボールと関係のないところでの競り合いでテオ・エルナンデスがセルヒオ・エスクデロに倒され、PKを獲得。S・ラモスが決めて1点差に迫った。

セルヒオ・ラモス

セルヒオ・ラモスが後半アディショナルタイムにPKを決めた [写真]=Real Madrid via Getty Images

 しかし、反撃はここまで。レアル・マドリードは2-3と敗れ、勝ち点を伸ばすことができなかった。勝利を収めていれば2位に浮上するチャンスだったが、アトレティコ・マドリードとの差は3ポイントのまま。次節は12日、セルタをホームに迎える。

 一方のセビージャは勝ち点を「54」に伸ばし、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位ビジャレアルとの差は3ポイントとなった。次節は5ポイント差で5位のベティスと敵地で対戦。EL出場権をめぐる争いから目が離せない。

【スコア】
セビージャ 3-2 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 26分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
2-0 45分 ミゲル・ラユン(セビージャ)
3-0 84分 オウンゴール(セルヒオ・ラモス、レアル・マドリード)
3-1 87分 ボルハ・マジョラル(レアル・マドリード)
3-2 90+5分 セルヒオ・ラモス(PK)(レアル・マドリード)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る