2018.05.08

主役級の活躍を披露した「名脇役」たち…“メッシの相棒”4人を紹介

メッシ
メッシの相棒として活躍した選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 圧倒的な強さでリーガ・エスパニョーラを制したバルセロナ。その中心にいたのは、今シーズンもやはりリオネル・メッシだった。ただし、メッシが常に主役を演じていられるのも周囲に引き立て役がいるからこそ。絶対的エースの傍らにはいつの時代も主役を輝かせる名脇役たちの存在があった。バルサに栄光をもたらしてきた歴代の“メッシの相棒”を紹介する。

■サミュエル・エトー

メッシ

若きメッシと共演 [写真]=Getty Images

 マジョルカで頭角を現し、メッシがトップチームデビューを果たした2004-05シーズンにバルサへ加入。当時トリオを組んでいたロナウジーニョ、リュドヴュク・ジュリと抜群のコンビネーション見せ、1年目からリーグ戦37試合に出場して25ゴールをマークした。

 翌シーズンには、出場機会と存在感を増したメッシとともに攻撃陣を引っ張り、リーグ戦26ゴールを挙げ優勝に貢献。自身は初の得点王に輝いた。さらに、バルサでの最終シーズンとなった08-09シーズンには、キャリアハイとなるリーグ戦30ゴールを挙げ、リーグ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの3冠達成に大きく貢献した。

 その後、新天地のインテルでも得点力を発揮。異なるクラブで2シーズン連続の3冠を成し遂げた。

■ダビド・ビジャ

メッシ

不慣れなポジションでも監督の期待に応えてみせた [写真]=Getty Images

 バレンシアに在籍した5年間で3度の20ゴール越えを記録するなど、バルサ加入前から国内屈指のセンターフォワードとして名を馳せていた。そして、2010-11シーズンに満を辞してバルサ移籍を決断した。

 バルサでは、すでにエースとして活躍していたメッシを“偽の9番”として中央に置くシステムが確立されていたため、主に左ウィングで起用されたが、不慣れなポジションでも存在感を発揮し、1年目から18ゴールをマーク。その後、アトレティコ・マドリードでも、13-14シーズンのリーグ優勝に貢献した。

■ネイマール

メッシ

スアレスとともに強力3トップを形成 [写真]=Getty Images

 ブラジルのサントスでプロデビューを果たし、類い希なテクニックから「ネクスト・ロナウジーニョ」と早くから将来を期待されていた。

 13-14シーズンにバルサへ加入すると、すぐに“バルサ・スタイル”にフィット。自身初のクラシコでは1ゴール1アシストを記録するなど、ケガの影響で欠場が少なくなかったメッシの穴を見事に埋めてみせた。その後も、14-15シーズンは33試合22ゴール、15-16シーズンは34試合24ゴールをマークと、右肩上がりにパフォーマンスが向上。メッシに次ぐスターとして不動の地位を築いていった。

 しかし、昨夏に突如としてパリ・サンジェルマンへの移籍を決断。メッシのいないフランスでは王様のようにプレーし、2月に負傷離脱するまでリーグ戦20試合19ゴールという圧倒的な活躍を見せた。

■ルイス・スアレス

メッシ

今シーズンは2トップとして“相棒”とプレー [写真]=Getty Images

 リヴァプールのエースとして、13-14シーズンに31ゴールを挙げてプレミアリーグ得点王を獲得。14-15シーズンの開幕前にバルサ移籍を果たし、メッシ、ネイマールとの強力3トップを形成した。

 ワールドカップでの噛みつき事件があり加入からしばらくは出場停止だったが、処分が明けると、持ち前の勝負強さを遺憾無く発揮して、1年目から16ゴールをマーク。さらに、スペインの水に慣れた2年目にはリーグ戦35試合で40ゴールを叩き出し、メッシを抑えて得点王に輝いた。

 ネイマールが去った今シーズンも、メッシとの2トップでこれまでと同様に得点を量産。持ち前の勝負強さで、ここまで24ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る