2018.04.26

受け継がれる“バルサイズム”…イニエスタ退団時の新キャプテンはメッシか

メッシ
メッシがついにバルセロナのキャプテンとなる日が来るようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナの次期キャプテンにアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが就任する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『SPORT』が25日付で報じている。

 今シーズン限りでの退団が濃厚と見られているスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。その華麗なプレーで観客を魅了するだけでなく、2014-15シーズン限りで退団した元同代表MFシャビの後を継ぎ、キャプテンとしてチームをまとめ上げてきた。

 世界でも最も優れた下部組織を持つクラブの一つとしても知られるバルセロナは、元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏、シャビ、イニエスタとその“カンテラ”出身の選手が、黄金期とも称されるチームのキャプテンを務めている。
 
 同紙によると、イニエスタが退団した場合、その後を継ぐのは絶対的エースであるメッシになる可能性が高いようだ。

 今や世界最高の選手と評されるまでに成長したメッシも前述の3選手と同様、“カンテラ”出身。現在はチームの第2キャプテンを務めており、クラブのそのキャプテンシーに疑いを抱いていないという。

 近年、大型補強の目立つバルセロナだが、やはりその意志は幼い頃からクラブをよく知る選手に受け継がれることになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る