FOLLOW US

アウヴェス、古巣バルサへの愛を語る「連絡をくれれば明日にでも…」

古巣バルセロナへの愛を語ったD・アウヴェス [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが古巣バルセロナへの想いを語った。23日付でブラジルメディア『Globo』がインタビュー内容を報じている。

 2016年6月に、8年を過ごしたバルセロナを退団し、ユヴェントスへと移籍したD・アウヴェス。セリエA、コッパ・イタリア優勝に貢献すると、翌年夏にパリ・サンジェルマンに加入し、またも初年度でリーグ優勝、国内カップ制覇を成し遂げている。

 だがやはり、23個ものタイトルを獲得し、選手としても大きく飛躍したバルセロナには特別な思い入れがあるようだ。

バルセロナは僕の家だ。あそこに僕が戻らないと言い切ることはできない。彼らからもし連絡があれば、明日にでも(チームに)戻るよ。僕がバルセロナを去った時、傷ついてないと言えば、それは嘘になる。バルセロナで僕は素晴らしい歴史を築くのに大きく貢献したと思う。最後にはクラブでさえ想像していない残念な結末を迎えることになってしまったけどね」

 将来的なバルセロナ復帰の可能性を示唆したD・アウヴェス。間も無く35歳の誕生日を迎える世界屈指のサイドバックは、愛するクラブでそのキャリアを終えることはできるのだろうか。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA