2018.04.20

CLベスト8から5年…リーガ最下位マラガ、5試合残して2部降格決定

5試合を残し、マラガの2部降格が決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第33節が17日から19日にかけて各地で行われ、マラガの2部降格が決まった。

 最下位に沈むマラガは19日、敵地でレバンテと対戦。後半アディショナルタイムに決勝ゴールを奪われ、0-1と完封負けを喫した。残留圏内の17位につけるライバルとの直接対決に敗れた結果、レバンテとの差は「17」に。残り5試合での逆転が不可能となり、マラガの2部降格が決まった。

 マラガは今シーズン、開幕5連敗を喫して下位に低迷。初勝利は第10節のセルタ戦まで待たなければならなかった。第11節でビジャレアルに敗れた後、第12節からの4試合は1勝2分け1敗と持ち直したかに思われたが、以後は再び低迷。33試合を終えてわずか4勝と勝ち点を伸ばせず、欧州5大リーグでは今シーズン最初の2部降格クラブとなった。

 マラガが2部リーグで戦うのは、2007-08シーズン以来となる。2012-13シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8に躍進してから5年、失意の降格となってしまった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る