2018.04.18

シャビ、ラウール、X・アロンソが…指導者ライセンス講習会に集結

シャビ・エルナンデス
かつてバルセロナで活躍していたシャビ [写真]=Getty Images

 現在、スペインの首都マドリードで実施されている指導者ライセンスの取得講習会に、リーガ・エスパニョーラを彩って来た錚々たるメンバーが集結しているという。

 RFEF(スペインサッカー連盟)の主催により今月16日から6月1日まで行われるこの講習会は、スペイン代表の経験がある者もしくは1部リーグで8シーズン以上の出場経験がある者が対象のため、参加しているのはいずれも実績のある元選手や現選手ばかりとなっている。

 その代表格と言えるのが、レアル・マドリードの元主将であるラウール・ゴンサレス氏とバルセロナの前主将であるシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)だろう。また、昨シーズン限りで現役を引退したシャビ・アロンソ氏にビクトル・バルデス氏と、やはりレアル・マドリードとバルセロナを支えた名選手も参加している。さらに、ビジャレアルで主力を務めたマルコス・セナ氏、セビージャやレアル・マドリードでプレーしたジュリオ・バチスタ氏なども名を連ねるなど、“有名選手の同窓会”とも言える様相を呈している。

 なお、RFEFはUEFA(欧州サッカー連盟)と指導者ライセンスの基準を統一することで合意している。そして、今回の講習会で取得できるのは、16歳までのユースチームおよび地域リーグに所属するクラブでの指導が可能となるレベル1(UEFA Aライセンス)から、18歳までのユースチーム、1部リーグに所属するクラブのBチームならびに2部リーグに所属するクラブでの指導が可能となるレベル2(UEFA Bライセンス)までとなっている。

 従って、最上位カテゴリーで指導を行うためには、最終的にレベル3(UEFA Proライセンス)を取得する必要がある。しかし、ファンとしては古巣のトップチームを率いる彼らの姿が見てみたいものであり、その日が来ることを期待して待ちたいところだ。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る