2018.04.18

元ブラジル代表カカ氏がレアル時代の苦悩を告白「退団は幸せだった」

レアル・マドリード
レアル・マドリード時代のカカ氏(写真は2009年のもの) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 昨年12月に現役引退を発表した元ブラジル代表MFカカ氏が、レアル・マドリード時代の苦難を振り返った。ブラジルメディア『UOL』の記事を引用する形で17日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』WEB版が伝えている。

 カカ氏は、2003年から6年間所属したミランで、加入1年目のセリエA優勝を達成。2006-07シーズンにチャンピオンズリーグでも優勝を果たしてUEFA年間最優秀選手を受賞。さらに、2007年にはバロンドール賞に輝いた。

 目を見張る活躍を見せたカカ氏は、2009年に6800万ユーロ(約93億円)でレアル・マドリードへ移籍。しかし、再三のケガや若手の台頭により、期待された活躍ができないまま、2012-13シーズンを最後に同クラブを退団した。

 カカ氏は不遇の時を過ごしたレアル・マドリード時代をこう振り返っている。

「2009年にレアル・マドリードからのオファーを受け入れた。けれど、移籍後は、ミラン時代と同じような貢献ができず、完全に打ちのめされていた。すっかり自分を見失い、困惑していたよ。イタリアではみんなに愛されたけれど、スペインではだれもが僕の退団を願っていたんだ」

 レアル・マドリードで出場機会が激減したカカ氏。当時の指揮官で現在マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督との不仲が報じられた時には、それを否定していたのだが、実際には良好な関係は築けていなかったようだ。

「私にとってジョゼ・モウリーニョ氏は、難しい監督だった。私に1回のチャンスをくれることを期待したが、それは1度も実現しなかった。調子が良いことを監督にアピールすることは不可能だったんだ。練習を積み、悩み、そして一生懸命に祈るなかで、監督からの信頼を感じることはなかった。そして、結論にたどり着いたんだ。モウリーニョ監督と共に努力していくことはできないと」

 同監督との間には、退団を決意させるほどの深い確執があったようだ。カカ氏は、2013年にレアル・マドリード退団後、古巣ミランに復帰して1シーズンのみプレーをしている。

 モウリーニョ監督への敬意か皮肉か、カカ氏はレアル・マドリード退団時の心境をこう述べている。

「レアル・マドリードを退団してミランに復帰し、とても幸せだった。とりわけ、モウリーニョ監督が、『カカはこれまでコーチしてきた選手のなかで、よりプロフェッショナルな選手の1人だ』と言ったことは、本当にうれしかったね」

 カカ氏は、その後、2015年にMLSに新設されたオーランド・シティに加入。3シーズンに渡りプレーした後、昨年12月に現役引退を発表した。インタビューの中で、同氏は自身の今後について古巣サンパウロに関わる可能性を示唆。監督業や解説者への転身はないとしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る