2018.04.11

C・ロナウドのこだわり…なるべく着用を避けているスパイクのカラーは?

C・ロナウド
黒のスパイクは避けているというクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images

 勝負事に携わるスポーツ選手には何かしらのゲン担ぎがあると言われるが、フットボール界屈指のスターであるレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにもこだわりがあるようだ。

 それは、自身が履くスパイクの色とのこと。2003年からC・ロナウドとスポンサー契約を結んでいるナイキ社でグローバル・ヴァイス・プレジデントを務めるマックス・ブラウ氏が、同選手がなるべく避けているカラーがあることを明らかにした。

「全ての選手に自分の好みの色がある。スパイクの色は選手の心理面に何らかの化学反応を起こす。つまり、気分が良ければプレーも良くなり、好みの色は選手に自信をもたらすようだ。クリスティアーノに関して言うと、彼は黒のスパイクをあまり使いたがらない。なぜなら、彼は黒い物は遅く見えると思っており、速さを感じたがっているからだ」

 それでも、基本となる色の選択肢は限られていることもあり、数モデルに一度は黒を基調とするスパイクをC・ロナウドに提供しているナイキ社。ブラウ氏は競技に対して格段にストイックなC・ロナウドを納得させる仕事を重ねることで、製品の品質向上を図ることができているとの見解を示した。

「クリスティアーノは誰よりも先に『もっと良くなる』と言葉を発する男だ。私がこれ以上は厳しいと思っている物事に関してさえ、『自分はさらに向上することができる。僕は自分の仕事を全うするので、ナイキもそうしてほしい』と言ってくる。それは我々にとってとてつもないプレッシャーだが、彼に対して何かしら有益なものをもたらさなければならないと感じることで、より良いものを作り上げることに繋がっている」

 今シーズン前半は不振に陥っていたC・ロナウドだが、今年に入ってからは公式戦15試合で24得点と驚異的なペースでゴールを量産している。それゆえ、水色を基調に足首に向かって黒へとグラデーションする2018年モデルのスパイクは、幸運をもたらすアイテムと言うことができそうだ。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る