FOLLOW US

衝撃ゴールのC・ロナウド、相手サポからの称賛に感謝「信じられない瞬間」

2018.04.04

ユーヴェ戦で衝撃的なオーバーヘッドを決めたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグが3日に行われ、レアル・マドリード(スペイン)はユヴェントス(イタリア)とのアウェイゲームで3-0と快勝。前人未到の3連覇を目指す中、準決勝進出へ大きく前進した。

 2得点を挙げて勝利の立役者となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、試合後に喜びを語った。UEFA(欧州サッカー連盟)公式メディアへのコメントを引用し、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 C・ロナウドは開始3分に先制ゴールを決めると、64分に衝撃的な一撃を突き刺した。スペイン代表DFダニエル・カルバハルのクロスに反応すると、ペナルティーエリア中央から豪快なオーバーヘッドシュート。イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、シュートの軌道を見送ることしかできなかった。

 C・ロナウドは「素晴らしく、ファンタスティックなゴールだった。あんなゴールを決めるなんて思ってもいなかったよ」とスーパーゴールを振り返りつつ、「試合について話した方がいいだろう。ファンタスティックだった。偉大なチームを相手に3得点を決めたんだ。いい試合ができたし、嬉しいよ」と、敵地での快勝を喜んでいた。

 そしてオーバーヘッドを決めた後、ユヴェントスのサポーターからも拍手や称賛を贈られたことについては「信じられない瞬間だった。ユヴェントスのファン、皆に感謝したい。彼らがしてくれたことは本当に素晴らしく、自分のキャリアにおいてそんなことは今までになかったよ」と、心境を明かして感謝の意を伝えている。

 なおレアル・マドリードの公式HPでは、C・ロナウドの一撃を「歴史に残るゴール」と表現。「ユベントス・スタジアムのスタンドから称賛の拍手が贈られた」と、得点直後の様子も伝えられている。

 セカンドレグは11日、レアル・マドリードのホームで行われる。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO