2018.04.02

元ミランMFボアテングが自身のキャリアを回想「努力が足りなかった」

ボアテング
自身のキャリアを振り返ったボアテング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランクフルトに所属する元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが、自身のキャリアを振り返った。3月31日付でドイツ紙『ビルト』がインタビュー内容を報じている。

 2010ー13シーズンに所属したミランで、現ロサンゼルス・ギャラクシー(MLS)所属の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチらとともに攻撃陣をけん引し、7年ぶりのセリエA制覇などに貢献した。

 現在はフランクフルトで日本代表MF長谷部誠とチームメイトなっているボアテングは自身の全盛期を同メディアのインタビューで振り返った。

「傲慢というわけではなく、僕はレアル・マドリードでプレーすることができたと思う。しかし、それを達成するには努力が十分ではなかったね」

 自身の能力に自信を示す一方で、“銀河系軍団”でプレーするには努力が足りなかったと明かしたボアテングは「だが、自分のキャリアにはリラックスして満足するところまで達しているよ。引退後は歌手になりたいね」と現状に満足しているとした上で引退後の展望を語った。

 ボアテングは今シーズンのブンデスリーガで、27試合に出場し6ゴールを記録。新天地でもチームの中核を担っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る