2018.03.29

無敗街道を突き進むスペイン代表、ファンが選ぶW杯メンバー23名は?

スペイン代表
23日の国際親善試合・ドイツ戦に臨んだスペイン代表の先発メンバー [写真]=Getty Images

 先週から今週にかけて行われた国際親善試合で、ドイツ代表とは1-1のドローを演じ、アルゼンチン代表には6-1と圧勝したスペイン代表。フレン・ロペテギ監督の就任から18戦無敗と、2018 FIFAワールドカップ ロシアへの期待が高まっている。そして、最終登録メンバー23名を巡る争いも大詰めを迎えつつある。

 そんな中、スペインの2大スポーツ紙である『アス』と『マルカ』が、「あなたなら誰をロシアW杯に連れていくか?」とのアンケートを同時に実施。『アス』が自由に23名を選ぶ形を採った一方、『マルカ』はGKに3選手、DFに8選手、MFに9選手、FWに3選手を選ぶ形を採ったこともあり、両紙の結果は微妙に異なるものとなった。

 最も順当な結果が出たのは、ロペテギ監督がここ1年近くメンバーを固定しているGKだった。マンチェスター・UのGKダビド・デ・ヘア、ナポリのGKホセ・マヌエル・レイナ、アスレティック・ビルバオのGKケパ・アリサバラガの順に、両紙のアンケートで支持を得た。

 DFでは、レアル・マドリードのDFダニエル・カルバハルとDFセルヒオ・ラモス、そしてバルセロナのDFジェラール・ピケとDFジョルディ・アルバと、レギュラー4選手がどちらのアンケートでもトップ4の得票を得た。また、レアル・マドリードのDFナチョ・フェルナンデス、チェルシーのDFセサル・アスピリクエタ、DFマルコス・アロンソの3選手も、揃ってメンバーに選ばれている。一方、バルセロナのDFセルジ・ロベルトは、『マルカ』では選出されたものの、『アス』では落選した。

 通常5選手がスタメンに起用されているMFは、バルセロナのMFアンドレス・イニエスタとMFセルヒオ・ブスケツに、レアル・マドリードのMFイスコとMFマルコ・アセンシオを加えた4選手が、両紙どちらにおいてもトップ4を占めた。これにマンチェスター・CのMFダビド・シルバとバイエルンのMFチアゴ・アルカンタラが僅差で続き、アトレティコ・マドリードのMFコケとMFサウール・ニゲス、レアル・マドリードのMFルーカス・バスケスも加えた9選手が、双方のアンケートでメンバーに選出された。その反面、マンチェスター・UのMFフアン・マタやチェルシーのMFペドロ・ロドリゲスといった実力者や、今回の国際親善試合で初招集を受けたバレンシアのMFダニエル・パレホやビジャレアルのMFロドリゴ・エルナンデスは選外となった。

 そして、最も激しいポジション争いが繰り広げられているFWでは、アトレティコ・マドリードのFWジエゴ・コスタ、バレンシアのFWロドリゴ、セルタのFWイアゴ・アスパスの3選手が、両紙のアンケートで揃ってメンバーに選ばれた。一方、今回の国際親善試合で招集を外れたチェルシーのFWアルバロ・モラタは『アス』では選出されたものの、『マルカ』では落選した。

 両紙のアンケートに基づくと、W杯登録メンバー23名のうち22名は確定しており、“最後の椅子”をモラタとセルジ・ロベルトが争う形となる。ファンの意向通りに収まるのか、それとも意外な選考が見られるのか。ロペテギ監督が最終的にどのような決断を下すのか楽しみだ。

文=北村敦

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング