2018.03.29

バルサ指揮官、メッシの負傷に言及「それほど深刻なものではない」

リオネル・メッシ
負傷のため戦況をピッチ外から見守るメッシ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、負傷のためアルゼンチン代表の国際親善試合を欠場した同代表FWリオネル・メッシの状態を語った。28日付のスペイン紙『マルカ』が同監督のコメントを伝えている。

 メッシは負傷のため、23日に行われたイタリア代表戦と27日に行われたスペイン代表戦を欠場していた。バルベルデ監督は、代表チーム合流前の18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節アスレティック・ビルバオ戦を終えた段階でメッシの足の状態が思わしくなかったことを明かしている。

「メッシはアスレティック・ビルバオとの試合を終えた時点で小さな筋肉系のトラブルがあった。チームに合流してから状況を見てみようと思うが、それほど深刻なものではないだろう」

 なお、メッシが31日に行われるリーガ・エスパニョーラ第30節セビージャ戦に出場可能か否かは現時点で明らかになっていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る