2018.03.05

首位攻防戦を制したバルサ、決勝弾のメッシを現地紙も絶賛「リーガを抱き寄せた」

リオネル・メッシ
大一番でのメッシの活躍に称賛が送られている [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 現地4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節で、2位アトレティコ・マドリードとの頂上対決を1-0で制し、首位の座をしっかり固めたバルセロナ。本拠地カンプ・ノウで決勝点を挙げ、エースとしての貫録を見せ付けたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを、国内2大スポーツ紙が揃って絶賛した。



 この試合、26分に自ら獲得したFKを得意の左足で決めたメッシ。滑らかにカーブが掛かったシュートは、アトレティコが誇る名手のGKスロヴェニアGKヤン・オブラクも届かぬ軌道でゴール右隅に吸い込まれた。

 この虎の子の1点を守り切ったバルセロナは、アトレティコに8ポイント差を付けて優勝に大きく前進。『マルカ』紙は、「リーガの支配者」との見出しで、芸術的なFKを決めたメッシを褒め称えた。

「今日はリーガが決する日となった。メッシには時間も場所も相手も関係ない。どれだけ難しい試合であっても、ただチームを勝利に導くために姿を見せる。今回は世界屈指の守護神を前にしても、素晴らしいFKを決めて見せた。メッシはバルセロナで歴史を作り続けている。スペインもヨーロッパも“メッシの時代”を堪能している」

 また、「メッシがリーガを抱き寄せた」と題打った『アス』紙も、アトレティコを返り討ちにしたエースに感服した。

「メッシのゴラッソがアトレティコを沈めた。バルサを捕らえるためにカンプ・ノウに乗り込んで来たアトレティコだったが、逆にメッシという腕利きのハンターに捕らえられてしまった。またしても素晴らしいショーを披露したアルゼンチン人ストライカーには、もはや新たな称賛の言葉は殆ど残されていない」

 首位攻防戦を制したことにより、残り11試合で25ポイント、すなわち1試合当たり2.27ポイントを獲得すれば、2シーズン振りのリーグ制覇が現実のものとなるバルセロナ。まだ強豪との対戦を数多く残しているが、セビージャ戦はアウェイでの試合となるものの、レアル・マドリード戦、バレンシア戦、ビジャレアル戦、アスレティック・ビルバオ戦、レアル・ソシエダ戦はホームでの試合となる。ここまで27試合で69ポイント、1試合当たり2.56ポイントを獲得して来たことを考えれば、タイトルをほぼ手中に収めたという両紙の見解も一理あるだろう。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る