2018.03.05

「メッシが味方だったら…」バルサに惜敗のシメオネ監督が悔しさを明かす

ディエゴ・シメオネ監督
アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督がバルセロナ戦に悔しさをにじませた。イギリスメディア『スカイスポーツ』やスペインメディア『マルカ』が4日に伝えている。

 4日、リーガエスパニョーラ第27節が行われ、2位アトレティコ・マドリードは敵地カンプ・ノウで首位バルセロナと対戦した。試合はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのFK弾により、アトレティコ・マドリードは0-1で敗戦。この試合結果により、バルセロナとの勝ち点差を8に広げられている。試合後、まずシメオネ監督は試合内容への満足感を強調した。

「数字(勝ち点差)は広がっているとしか言えず、普通であればバルセロナが4~5試合を落とすことはないだろうね」

バルセロナとの試合結果は、いつも僅差だ。私たちと彼らはそこまで遠くない。後半の内容を見ると、なおさらそう感じることができた。私はその良い感触を持ち帰るよ」

 一方で、FKから決勝点を決めたメッシについて、冗談と悔しさを織り交ぜ、次のように述べた。

「とても均衡した試合だった。前半についても、チームが闘争心を欠いていたとは思わない。後半には私たちのベストが見られた。ただメッシは一線を画す選手だった。メッシのユニフォームを脱がせ、アトレティコ・マドリードのユニフォームを着せていたとしたら、試合に1-0で勝っていたのはわれわれだった」

 それを聞いたバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「メッシは世界で唯一無二の選手だ。相手チームにいたらどうかは私にはわからないし、想像もしたくないよ」と語っている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る