2018.03.02

ラス・パルマスにドローのバルサ、相手にPKを与えたのは2年ぶり?

リオネル・メッシ
メッシのFK弾で先制もドロー決着に(写真は2月17日のエイバル戦)[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 3月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節でラス・パルマスと対戦し、1-1の引き分けに終わったバルセロナ。勝利を逃したこの試合で、2年ぶりの”珍事”が発生したとして話題になっている。同日付の『マルカ』など、スペイン複数メディアが伝えている。

 首位バルセロナは18位ラス・パルマスの敵地に乗り込むと、21分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが直接FKを決めて先制。しかし、後半開始直後の47分に、相手CKの流れでフランス代表DFリュカ・ディニュのハンドを取られて、PKを与えることとなった。これをアルゼンチン人FWジョナタン・カレリに決められ、同点のまま試合を終えている。

 報道によると、バルセロナがリーガ・エスパニョーラで相手にPKを与えたのは、2年ぶりのことになるという。前回PKを与えたのは、2016年2月14日に行われた第24節セルタ戦でのこと。スペイン代表DFジョルディ・アルバが、スウェーデン代表FWヨン・グイデッティ(現アラベス)を自陣エリア内で倒して、PKの判定が下った。以降、バルセロナはリーグ戦で78試合にわたってPKを与えていなかったそうだ。

 なお、リーガ・エスパニョーラのあらゆるデータを網羅するスペシャリストとして知られるミスター・チップ氏によると、バルセロナの記録を上回るのは2チームだけだという。1953年から56年と、1969年から72年の2度にわたって”88試合連続”でPKを与えなかったレアル・マドリードと、1955年から57年にかけて”80試合連続”で被PKがゼロだったアスレティック・ビルバオになるそうだ。

 久々のPK献上によって、勝利を逃したバルセロナ。4日に行われる次節では、2位アトレティコ・マドリードとの直接対決が控えている。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング