FOLLOW US

バルサ新戦力のミナ、ついにデビューへ…DF陣の負傷者続出で出場確実に

今冬の移籍市場でバルセロナに加入したDFミナ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 バルセロナの新戦力であるコロンビア代表DFジェリー・ミナが、8日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグのバレンシア戦でついにデビューすることになりそうだ。

 今冬の移籍市場でパルメイラスから加入したミナは、先月25日に行われた同大会準々決勝セカンドレグのエスパニョール戦で初招集を受けたものの出場機会はなく、その後の公式戦3試合でもベンチ入りしながらデビューのチャンスは訪れなかった。

 そんな中、先月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節のベティス戦で左足ハムストリングを負傷したベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンに続き、4日に行われた第22節のエスパニョール戦でスペイン代表DFジェラール・ピケが右ひざを負傷。両選手ともバレンシア戦は欠場するため、ミナはフランス代表DFサミュエル・ユムティティのセンターバックのパートナーとして出場することが確実となった。

 なおバルセロナは、1日に行われたホームでのファーストレグは1-0での勝利にとどまっており、アウェイでのセカンドレグは強豪相手に緻密な試合運びが要求される。それゆえ、ミナにとっては厳しい条件下でのデビューを強いられることになった。

 さらに、続く11日に行われるリーガ・エスパニョーラ第23節のヘタフェ戦では、ユムティティも累積警告による欠場が確定。トップチームのセンターバックで唯一出場可能なミナは、新加入ながらリーダーシップを発揮しなければならなくなりそうだ。

 身長195センチメートルの長身を活かした空中戦の強さに加え、足元の技術も兼ね備えるなど、バルセロナ向きのセンターバックとして見なされているミナ。いきなり難しい試合の連続となるが、評判通りのスケールの大きさを発揮できるか、デビュー戦から大きな注目が集まること請け合いだろう。

文=北村敦

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO