FOLLOW US

スアレス、初先発のコウチーニョを称賛「彼の貢献度に満足している」

同点弾を決めたスアレス(左)と初先発となったコウチーニョ(右)[写真]=Getty Images

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節のアラベス戦で先発出場を果たしたブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョを称賛した。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』電子版が伝えている。

 リーグ首位を快走するバルセロナは23分に先制を許すも、72分、左サイドを突破したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのクロスに、スアレスがボレーで合わせて同点に持ち込む。さらに84分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがFKを決めて逆転。リーグ戦無敗で首位をキープした。

 今シーズン16得点目を決めたスアレスは試合後、7連勝を飾ったことを喜んだ一方で「自分たちの結果に集中しなければ、勝利はついてこないからね。ライバルの順位を気にしていては良い結果は出ない」と気を引き締めた。

 また、コパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝第2戦エスパニョール戦の途中出場でのバルサデビューに続き、初のスタメン出場となったコウチーニョについては「カンプ・ノウでのリーグ戦でデビューするのは難しいこと。フィリペは最高だった」と、そのパフォーマンスを称えた。

 さらに「試合を上手く運ぼうとコントロールしていたし、チーム全員、彼の貢献度に満足している」と続け、良好な信頼関係を築いていることをアピールした。

 バルセロナは次節、2月4日にアウェイでエスパニョールと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA