2018.01.27

低調のレアル、ジダン監督の後釜にトッテナム指揮官をリストアップか

マウリシオ・ポチェッティーノ監督
トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードがジネディーヌ・ジダン監督の後釜探しを始めたようだ。イギリスメディア『デイリーメール』が26日に伝えている。

 レアル・マドリードは今季、リーグ戦では首位バルセロナに19ポイント差をつけられ4位。コパ・デル・レイ(国王杯)では準々決勝でレガネスに逆転負けで早期敗退を喫した。そのため、ジダン監督の解任疑惑が浮上している。

 同メディアによると、レアル・マドリードは現在トッテナムのアルゼンチン人指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ監督に興味を示しているようだ。

 2014年からトッテナムを指揮するポチェッティーノ監督は、昨季はチームをリーグ2位に導いた。今季は現在5位。チャンピオンズリーグではレアル・マドリードと2回対戦し1勝1分けで勝ち越している。

 この噂に対し、ポチェッティーノ監督自身は次のように言葉を濁した。

「このクラブにおける私の献身はとても大きく、いつまでもここにいるつもりで働いている。しかし、サッカー界で起こることは誰にも分らないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る