2018.01.25

レアル撃破のレガネス、監督や選手が語る勝利のカギは「信じること」

レアル・マドリードを撃破したレガネス [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝レアル・マドリード対レガネスのセカンドレグが24日行われ、アウェイのレガネスが2‐1の勝利を挙げた。サンティアゴ・ベルナベウ攻略に成功したレガネスは、2試合の合計ゴールを2‐2とし、アウェイゴール・ルールにより準決勝進出を決めた。同日付および翌25日付のスペイン紙『アス』が、レガネスの監督や選手のコメントを取り上げている。

 試合後の会見に出席したレガネスのアシエル・ガリターノ監督は、レアル・マドリード撃破のカギについて聞かれると、「信じることだ」と明言した。さらに、「対戦している時から、こうしたことが起きる可能性があるという確信を持っていた。我々はレアルに追いつかれても、試合のどんな局面でも、“我々にチャンスがあるはずだ”と信じ続けたんだ」ともコメント。チームの“突破を信じ続ける姿勢”が大金星に繋がったとの見解を示している。

 試合の55分にレアル・マドリードを沈める決勝ゴールを奪ったブラジル人MFガブリエウも、この監督の意見に同調している。試合直後のフラッシュインタビューに登場すると、「チームの外側には、こうしたことが起こり得ると思っていた人が1人もいなかった。しかし、このチームが『勝ち上がれる』と信じていたというのは、紛れもない事実なんだ」とコメント。チームの中で、“レアルを撃破できる”という意識を保つことができていたことを明かしている。

 現在リーグ戦13位のチームが起こしたこのサプライズ。“勝利を信じ続けること”の重要性を体現したレガネスの躍進は、これからどこまで続くことになるのだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る