2018.01.25

レアルがホームで敗戦、まさかの国王杯敗退…レガネスが逆転突破、初の4強へ

レアルが逆転敗退で、コパ・デル・レイから姿を消した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝セカンドレグが24日に行われ、レアル・マドリードとレガネスが対戦した。

 18日に行われたファーストレグでは、終了間際にマルコ・アセンシオが決勝ゴールを挙げて1-0と勝利を収めたレアル・マドリード。アウェイで先勝し、優位に立ってホームでのセカンドレグに臨んだ。

 ファーストレグと同様にクリスティアーノ・ロナウドら主力組を温存したジネディーヌ・ジダン監督は、マテオ・コヴァチッチやイスコ、カリム・ベンゼマらが先発出場。しかし31分、レガネスに先制を許してしまう。ハビエル・エラソニ右足シュートを決められ、前半は0-1で終了。2試合合計1-1、イーブンの状態で後半を迎えることとなった。

 それでも開始早々の47分、レアル・マドリードは敵陣右サイドでのボール奪取から攻撃を仕掛けると、ペナルティーエリア右奥へのスルーパスに反応したベンゼマが同点ゴール。飛び出してきた相手GKの頭上を越えるシュートを決めた。

ベンゼマ

同点ゴールを決めたベンゼマ [写真]=Getty Images

 2試合合計スコアは2-1と、再びレアル・マドリードがリード。前半は枠内シュートゼロと苦戦していたが、ハーフタイム明けは幸先の良い滑り出しとなった。

 しかし55分、次の得点はレガネスのものだった。右CKからゴール正面のガブリエウがヘディングシュートを突き刺し、2試合合計スコアは2-2、アウェイゴール数でレガネスがリードすることとなった。

 得点が必要と会ったレアル・マドリードは68分にダニエル・カルバハル、69分にはルカ・モドリッチを投入。選手交代で打開を図る。77分にはボルハ・マジョラルもピッチに送り出し、反撃を試みた。

 しかし、次の1点を奪うことはできなかった。試合は1-2で終了。レアル・マドリードはホームで敗れ、2試合合計2-2、アウェイゴール数1-2で準々決勝敗退が決定した。レガネスはクラブ史上初のベスト4進出となった。

レガネスが初の4強入りを果たした [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラでは首位バルセロナに19ポイント差をつけられているレアル・マドリードが、コパ・デル・レイのタイトルも失った。次戦は27日、リーガ第21節でバレンシアとのアウェイゲームに臨む。

ジダン

主力温存のホームゲームで敗れ、国王杯敗退となったジダン監督 [写真]=Getty Images

【スコア】
レアル・マドリード 1-2(2試合合計:2-2) レガネス
※アウェイゴール差により、レガネスが準決勝進出

【得点者】
0-1 31分 ハビエル・エラソ(レガネス)
1-1 47分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
1-2 55分 ガブリエウ(レガネス)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る