2018.01.24

スペイン選手協会、サウジアラビア人選手の集団移籍に苦言を呈する

サウジアラビア
ACLではサウジアラビアのクラブが躍進 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペインサッカー選手協会(AFE)が、先日決まったスペインとサウジアラビア間でのパートナーシップ協定に基づく、サウジアラビア選手9名のスペイン移籍を批判した。イギリスメディア『BBC』が23日付で報じている。

 9人もの選手がリーガ・エスパニョーラ、セグンダ・ディビシオン(2部)へレンタル移籍したことに関してAFEは、「今回のビジネスモデルは、経済的側面を優先させたものである」と、ネガティブな側面を指摘した。

「若い選手の成長や、ユースチームに所属している選手の出場機会を妨げる可能性がある。つねに有効な取引になるかわからない」

 一方、パートナーシップ締結を主導したサウジアラビアのジェネラルスポーツオーソリティーのチェアマンは、自国選手が高いレベルでプレーできることに喜んでいる。「サウジアラビアでは、サッカーが一番人気のスポーツだ。若い選手に素晴らしい経験を積ませられると確信しているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る