2018.01.07

レアルに痛手、主将S・ラモスが左足ヒラメ筋を負傷…2週間の離脱か

セルヒオ・ラモス
主将としてレアル・マドリードを牽引するDFセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、負傷によって戦線離脱を強いられることが明らかとなった。同クラブ公式サイトが伝えている。

 S・ラモスは4日の練習中に左足ヒラメ筋を負傷。インドメディア『News18』によると、離脱期間は2~3週間となり、順調に回復すれば2週間で復帰可能とのことだ。

 S・ラモスはこの負傷によって、7日のリーガエスパニョーラ第18節セルタ戦、11日のコパ・デル・レイ(国王杯)5回戦セカンドレグ・ヌマンシア戦、13日のリーガ第19節ビジャレアル戦、さらにコパ5回戦を突破した場合には、17日に行われる国王杯準々決勝ファーストレグも欠場することになる。復帰試合は21日のリーガ第20節デポルティーボ戦の見込み。

 レアル・マドリードは現在リーグ戦を16試合消化し、9勝4分け3敗で4位。17試合をこなしている首位バルセロナとの勝ち点差は「14」となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る