2018.01.01

D・コスタ、アトレティコ復帰会見に登壇「F・トーレスたちと分かり合えている」

ジエゴ・コスタ
復帰したアトレティコでは18番を背負う [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 3シーズン半ぶりのアトレティコ・マドリード復帰となるスペイン代表FWジエゴ・コスタが、チームメイトとの連係に自信を見せた。12月31日付でスペイン紙『アス』が伝えている。

 昨シーズンまでチェルシーでプレーしていたD・コスタは、2017年9月にアトレティコ・マドリードへの復帰が決定。しかし、FIFAによる補強禁止処分の影響で、2018年に入るまで公式戦でのプレーができない状況となっていた。そして、公式戦でのプレーが解禁となる直前の12月31日アトレティコ・マドリードでの復帰会見を行った。

 現在のアトレティコ・マドリードでは、スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、同代表FWケヴィン・ガメイロ、アルゼンチン代表FWアンヘル・コレアの4人のFWが、2トップの一角でプレー。D・コスタにとっては、前回のアトレティコ・マドリード在籍時に共闘した経験がない4人となっている。

 今回の会見の中では、その4選手との共存についての質問が飛んだが、D・コスタは「僕は4人それぞれと分かり合えている」と、自信をアピール。さらに、4人との熾烈な競争については、「激しい競争が存在しているのは確かだ。そして、彼らFWはたくさんのゴールを決めている。競争というのは良いものなんだ」とコメント。チームにプラスに働く要素として、それを受け入れて臨んで行く姿勢を示している。

 恩師のディエゴ・シメオネ監督のもとで、アトレティコ・マドリードでの2期目のキャリアをスタートさせるD・コスタ。チームにタイトルをもたらした時のようなパフォーマンスを、再び見せることはできるのだろうか。まずは復帰戦でのプレーに注目だ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング