2017.12.11

バルサが3試合ぶりの勝利!…スアレス&メッシ弾で10人のビジャレアル撃破

L・スアレス
先制点を決めたL・スアレス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第15節が10日に行われ、ビジャレアルとバルセロナが対戦した。

 リーグ開幕から14試合無敗だが、ここ2試合はドローが続いている首位のバルセロナ。今節は2連敗中の6位ビジャレアルをホームに迎え、3試合ぶりの勝利を目指す。

 先にチャンスを作ったのはバルセロナ。開始3分、左CKでデニス・スアレスのボールをニアのジェラール・ピケが頭で合わせるが、シュートはクロスバー直撃。対するビジャレアルは16分、右サイドからのクロスで、ロベルト・ソリアーノが右足ボレーを放つが、相手GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに左手1本でセーブされる。

 バルセロナは、メッシが22分にエリア手前左のFKで直接狙うが、シュートは相手GKにキャッチされる。38分にもエリア手前中央から左足シュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れた。

 後半に入ってもゴールが遠いバルセロナは58分にD・スアレスを下げてパコ・アルカセルを投入。するとその直後、ジョルディ・アルバがエリア内左から折り返すと、ニアにアルカセルが飛び込むが、相手GKにブロックされる。59分にもアルバの折り返しを、中央のメッシが左足で合わせるが、またも枠の右に逸れた。

 60分、ビジャレアルはダニエル・ラバがセルヒオ・ブスケツへのタックルでレッドカードが提示され一発退場。数的有利となったバルセロナは68分、ルイス・スアレスが左サイドからのクロスに合わせ、71分にもメッシが左サイドからの折り返しに合わせるが、惜しくも枠を捉えられない。

 それでも、72分に待望の先制点が生まれる。エリア内左でメッシからパスを受けたL・スアレスが、アルカセルとのダイレクトワンツーで抜け出し、そのままGKもかわして無人のゴールに流し込んだ。

 先制に成功したバルセロナはさらに83分、ブスケツが高い位置で相手のパスをカットすると、素早く前線に縦パス。これを受けたメッシが、相手DF2人の隙間を突破し、GKとの1対1でゴール右隅に蹴り込んで追加点を挙げた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、バルセロナが2-0でリーグ戦3試合ぶりの勝利を収めた。敗れたビジャレアルは3連敗となった。

 バルセロナは次節、17日にホームでデポルティーボと対戦。ビジャレアルは同日にアウェイでセルタと対戦する。

【スコア】
ビジャレアル 0-2 バルセロナ

【得点者】
0-1 72分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
0-2 83分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る