FOLLOW US

バルサのユムティティ、最大8週間の離脱か…クラシコの欠場も濃厚に

負傷のためセルタ戦で途中交代を強いられたユムティティ [写真]=NurPhoto/Getty Images

 バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティが負傷のため最大で8週間戦列を離れる可能性があるようだ。12月2日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ユムティティはリーガ・エスパニョーラ第14節のセルタ戦にスタメンで出場するも、負傷のため71分にベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンとの交代でピッチを後にしていた。

 試合後に行われた検査の結果で、ユムティティは右ハムストリングを負傷していることが明らかになったという。今後行われる精密検査の結果次第ではあるものの、現段階では最大で8週間の離脱になると見込まれているようだ。

 バルセロナは今月23日にレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”を控えているが、ユムティティを欠いた状態で試合に臨む可能性が非常に高くなった。ユムティティは今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは11試合に出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA