FOLLOW US

2カ月ぶり復帰のベイル、次節ビルバオ戦は欠場へ…ふくらはぎに違和感

28日のフエンラブラダ戦で復帰を果たしたベイル [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルは28日、フエンラブラダ(3部)とのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦セカンドレグで63日ぶりの公式戦出場を果たした。しかし同選手は、12月2日のリーガ・エスパニョーラ第14節アスレティック・ビルバオ戦を欠場する見込みのようだ。29日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 フエンラブラダ戦で62分からピッチに立ったベイル。待望の復帰を果たすと、出場直後にU-21スペイン代表FWボルハ・マジョラルへ正確なクロスを供給して同点ゴールをアシストするなど、レアル・マドリードの全2得点に絡んだ。

 しかし同紙によると、ベイルは試合終了時にふくらはぎに軽い違和感を抱えていたようだ。コーチ陣は再び長期離脱を強いられる可能性を懸念。重傷化のリスクを回避するために、アスレティック・ビルバオ戦を欠場させる決断を下したという。

 29日のチーム練習を欠席したベイルは、30日のトレーニングも不参加の見込み。ハードな試合内容が予想されるアスレティック・ビルバオ戦を欠場する一方で、12月6日開催のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節ドルトムント戦の出場に向けて調整を進めていく模様だ。

『マルカ』によれば、ベイルはフエンラブラダ戦でのパフォーマンスにかなり満足しており、近いうちに定期的なプレーが可能になると確信しているとのこと。今後の同選手に注目だ。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA