2017.11.28

レアルの守護神ナバス、これまで特に影響を受けた2人の選手とは?

ケイラー・ナバス
特に影響を受けた選手を明らかにしたナバス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスが、スペインのラジオ局『カデナ・コペ』とのインタビューで、自身がこれまで特に影響を受けた選手を明らかにした。

 ナバスはまず、自身が子供の頃に憧れていた選手として、2002年11月に若干26歳で永眠したコスタリカ代表の先輩GKの名を挙げた。

「子供の頃、まだ本当に小さかった頃は、コスタリカのフットボールに夢中だった。その頃の僕のアイドルは、今は亡き守護神のレスター・モーガンだった」

 キャリアにおいて数々の優秀な選手のプレーを参考にして来たというナバスだが、その中でも特にユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを手本としていたという。

「僕は一人のGKだけに注目することなく、優れた選手達がそれぞれ持つ良い部分から学ぶよう心掛けて来た。そんな中で、最も参考にした守護神がブッフォンだ」

 これまで数々のスーパーセーブにより幾度と無くチームのピンチを救って来たナバス。それにも関わらず、レアル・マドリードにはゴールマウスの補強の噂が常に付きまとっている。だが、自身が一目置くブッフォンからも、「ケイラーは偉大な選手だ。それはチームの結果を見れば一目瞭然であり、新守護神の獲得が必要だとは思わない」と支持されている通り、今シーズンもレアル・マドリードのタイトル獲得の鍵を握る存在となるだろう。

文=北村敦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る