2017.11.27

J・アルバ、古巣バレンシアの反応を嘆く「フリーで加入し大金を残したのに」

ジョルディ・アルバ
古巣バレンシアとの対戦でゴールを決めたJ・アルバ [写真]=Fotopress/Getty Images

 25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節で、バレンシアとのアウェイでの頂上対決を1-1で終えたバルセロナ。4ポイント差をキープして首位を堅持した一戦で、貴重な同点弾を叩き出したスペイン代表DFジョルディ・アルバだが、喜び一杯と言う訳にはいかないようだ。

 バルセロナはこの試合の30分、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが放ったシュートがバレンシアのブラジル人GKネトのファンブルを誘い、ボールは完全にゴールラインを割った。ところが、これを確認できなかった審判団がノーゴールの判定を下し、先制点は幻となった。J・アルバは「誰にでもミスはある」としながらも、ジャッジの酷さを嘆き、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入に賛同した。

「これは主審によるとんでもないミスだ。中盤にいた僕でさえ、ボールがゴールに入ったのがはっきり見えた。正直言って腹立たしいよ。僕達は昨シーズンのベティス戦でも同様の誤審に遭い、その判定が尾を引いてリーガ3連覇を逃した。明らかにゴールに入ったボールを審判が確認できないなんて有り得ない。こういったプレーでは、VARが大いに役立つことだろう」

 また、かつてプレーした古巣バレンシアについて、「優勝候補の一角であることに間違いない」としたJ・アルバは、敵地メスタージャでのドローに一定の評価を下した。

「僕達は素晴らしい試合をした。今シーズンのバレンシアは補強が上手く行き、本当に手強いライバルになった。それに加え、メスタージャはいかなるチームにとっても決して簡単には行かないスタジアムだ。僕はここでプレーしていたので、そのことは良く分かっている。僕達は前半、本当に良いプレーができた。本当ならばアドバンテージを得て終えているはずだった。一方、後半は相手のカウンターに少し苦しめられた。そして先にゴールを決められてしまったため、前掛かりにならざるを得なくなった。だが、幸運にも同点に追い付くことができ、引き分けという最低限の結果は残せた」

ジョルディ・アルバ

バルセロナ移籍前はバレンシアで過ごした [写真]=Getty Images

 J・アルバは一方、2012年夏にバルセロナに移籍して以来、バレンシアのサポーターから反応が手の平を返したように変わってしまったことを嘆いた。

「僕はバレンシアでプレーしていた時、クラブのために全てを捧げた。移籍金ゼロで加入し、大金を残して退団して行った。それなのに、今はスタジアムに来ても歓迎されていない。こういった扱いを受けるのは理解できないし、本当に残念だ。僕はバレンシアに感謝しているだけに、心がとても痛い。自分がサポーターにリスペクトを示しているのと同様に、彼らもリスペクトを忘れないで欲しい」

 複雑な心境を告白したJ・アルバ。今シーズンはブラジル代表FWネイマールの退団に伴い攻撃に絡む頻度が増し、左サイドの大きな武器となっている。既に1ゴール・5アシストを決めており、2012-13シーズンに記録した5ゴール、2015-16シーズンに記録した9アシストの更新にも期待したい。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る