2017.11.27

メッシ、引退後の監督就任について否定「まだ何も考えていない」

リオネル・メッシ
セカンドキャリアについて語ったメッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがスペイン紙『マルカ』のインタビューに応じ、自身のセカンドキャリア等について語った。26日付で同紙が報じている

 現役引退後に監督になるのか問われた同選手は、次のように返答している。

「何をするのかはまだ分からない。選手としてのキャリアを終えた後に、自分の時間をどう使うのかについて、家族と時々話をするよ。だけど、監督になるとは思えない。数年経てば変わるかもしれないけど、現時点ではまだ何も考えていないよ。まだキャリアは数年残されているし、これから様子を見てみよう。終わりに近づいたときに、具体的に考えるよ」

 続けて、あまり試合を見ないと話す選手が多い中、「試合をよく見るか?」という質問に対し同選手はこう語っている。

「特別好きなリーグはないがフットボールを見るのは好きだね。アルゼンチンは時間的に少し厳しいけれど、スペイン、イングランド、アルゼンチンのリーグを主にみるよ。」

 また、友人であり元チームメイトのブラジル代表FWネイマールが移籍したパリ・サンジェルマンが所属するリーグ・アンについては「もちろん前よりも見るようになったよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る