2017.11.27

バルサMF、メッシの“幻のゴール”へ即座に反応…SNSで話題に

メッシ、セルジ・ロベルト
セルジ・ロベルト(右)がメッシ(左)の“幻のゴール”を観てSNSで反応 [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リーガ・エスパニョーラ第13節が26日に行われ、首位バルセロナは敵地で2位バレンシアと対戦。優勝争いを占う直接対決は、1-1の引き分けに終わった。同試合で生まれた“幻のゴール”が物議を醸すなか、スペイン代表MFセルジ・ロベルトのSNS上で示した反応が話題となっている。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 注目の大一番では、0-0で迎えた30分に“誤審”が発生。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが左足で放ったシュートをバレンシアのブラジル人GKネトが取り損ねると、ボールはゴールラインを割った。しかし、イグレシアス・ビジャヌエバ主審は“ノーゴール”と判定。先発出場していたスペイン代表DFジョルディ・アルバも「ピッチの中央にいた僕でさえ、ゴールラインを割っていたのが見えた」と試合後に証言するほど明らかなシーンだったが、判定は覆らず。バルセロナにとっては“幻のゴール”となった。

 直後にツイッター上で反応を示したのが、S・ロベルトだった。内転筋を痛めて招集メンバー外となっていた同選手は、“赤くなった顔”の絵文字を5つだけ並べたツイートを自身の公式アカウントに投稿したのだ。

 疑惑の判定への感情を絵文字だけで表したこのシンプルな投稿は、瞬く間に拡散。投稿から3時間後には、リツイート数が1万7千以上、“いいね”が2万1千以上に到達し、大きな話題を呼んでいる。

 なおリーガ・エスパニョーラは現時点で、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの“欧州5大リーグ”で唯一、ゴールラインテクノロジー(GLT)も、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)も導入していない。来シーズンからはVARが採用される見込みだが、誤審の減少に繋がることに期待したいところだ。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る