2017.11.07

バルサ、アトレティコの“エース”グリーズマンを獲得へ…移籍解除金は130億円

アントワーヌ・グリーズマン
アトレティコ・マドリードの“エース”アントワーヌ・グリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは今冬、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得を画策しているようだ。スペインメディア『sport』が11月6日に報じている。

 同メディアは、アトレティコ・マドリードが今冬で移籍解除金1億ユーロ(約130億円)を支払えるクラブがあればグリーズマンの移籍を容認する、と伝えた。今夏の同選手の移籍解除金には2億ユーロ(266億6000万円)が設定されていただけに、今冬の解除金は魅力的な価格と見られている。それに伴い、バルセロナが同選手獲得に興味を示したようだ。

 グリーズマンは今シーズン途中交代の回数が増えているため、出場時間が減少。同メディアよると、同選手はそれに不快感を示しており、移籍を考えているという。

 現在26歳のグリーズマンは今季リーグ戦9試合に出場し2得点。アトレティコ・マドリードの“エース”である同選手は2014年から同クラブでプレーしており、同クラブで通算86ゴールを決めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る