2017.11.07

レアルのイスコ、リーガMFの17年最多得点者に…今季は全試合出場

イスコ
レアルをけん引しているイスコ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコは、2017年のリーガ・エスパニョーラでプレーした全MFの頂点に立っているようだ。6日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 今シーズンのレアル・マドリードは、リーガ・エスパニョーラの開幕前から度重なるアクシデントが発生。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが国内公式戦5試合出場停止処分を科されるなど、中心選手の不在や負傷者続出に直面しながら戦いを続けている。苦しいチーム状況の中で、中心的役割を担い続けているのがイスコだ。

 同選手はチームで唯一、今シーズンのリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ(CL)の全試合に出場している。2-0と快勝した第7節エスパニョール戦ではチームの全得点を挙げ、続く第8節のヘタフェ戦では、C・ロナウドの決勝ゴールをアシストするなど、決定的な働きでチームに貢献している。

 今月5日に行われた第11節ラス・パルマス戦では、今シーズン4ゴール目を記録。2017年に行われたリーガ・エスパニョーラでの得点数を「12」に伸ばした。『アス』によると、イスコの年間得点数は、今年のリーガ・エスパニョーラでプレーした全MFのトップとなっているそうだ。

 また、イスコが今年に入ってから記録したアシスト数は「9」。優秀な成績を残す同選手に対して『アス』は「2017年最高のリーガ・エスパニョーラの選手の一人だ」と、賛辞を贈っている。

 ゴールとアシストの両方でチームをけん引し続けるイスコ。今後も同選手のプレーから目が離せない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る