FOLLOW US

カタルーニャ独立問題で混乱懸念の敵地戦…ジダン監督「心配していない」

混乱が懸念されるジローナ戦に言及したジダン監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグが26日に行われ、フエンラブラダ(3部)とレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードが2-0と先勝した。

 3部クラブ相手に苦戦を強いられたものの、完封勝利を収めたレアル・マドリード。試合後の会見に臨んだジネディーヌ・ジダン監督は選手たちを称えるとともに、29日に控えているリーガ・エスパニョーラ第10節、ジローナとのアウェイゲームにも言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 主力メンバーの大半を温存したジダン監督は「我慢強くプレーして無失点に抑え、2ゴールを決めた。嬉しいよ。全選手が素晴らしい試合をしたと思う。満足しているよ」とコメント。若手主体のメンバーで収めた勝利を評価していることを明かした。

 そして話題は、3日後に控えたジローナ戦へ。スペイン北東部カタルーニャ州の独立問題により、混乱の発生が懸念されているアウェイゲームについてジダン監督が口を開いた。

 カタルーニャ州に本拠地を置くジローナとのアウェイゲームで、レアル・マドリードは安全面を考慮して公式チームバスの使用を見送る措置を取ると報じられている。混乱の発生が懸念される中、ジダン監督は「カタルーニャのことは心配していない。セキュリティはいつも通りになるだろう。我々は他のことを考えず、自分たちの試合をするつもりだ」と、警備への信頼と試合への集中を強調。「試合のことを考える。スペクタクルなゲームになることを願うだけだよ」と続けた。

 カタルーニャ州政府が今月1日に独立を問う住民投票を強行し、スペイン中央政府との対立が激化している。クラブ史上初の1部昇格を果たしたジローナとの一戦、混乱が生じることなく開催されることが望まれる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO