FOLLOW US

レアル、10年前にカバーニ加入に迫っていた…イグアイン獲得を選択

現在はパリ・サンジェルマンでプレーしているカバーニ [写真]=AMA/Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、10年前にレアル・マドリード加入へ迫っていたようだ。同選手の代理人を務めるアレクシス・パパサン氏が明かしていると、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 パパサン氏が明かしたエピソードは2007年1月のこと。当時19歳のカバーニは、ウルグアイのダヌービオで頭角を現して注目を集めていた。結果的にはパレルモに加入することが決まったが、パパサン氏によるとレアル・マドリードへの移籍に迫っていたという。

 パパサン氏によると「(レアル・マドリード)カスティージャのコーチから連絡があったんだ」とのこと。レアル・マドリードはトップチームではなく、まずはBチームにカバーニを加入させるプランを持っていたようだ。

 最終的に、カバーニはパレルモへ加入することが決定。レアル・マドリードは同選手ではなく、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを獲得することを選択した。

 カバーニはセリエAデビュー戦で鮮やかなボレーシュートを決めると、加入3シーズン目の2008-09シーズンには14ゴールを挙げた。以後はナポリで実績を残し、2013年からはパリ・サンジェルマンでプレーしている。一方のイグアインはレアル・マドリードで2012-13シーズンまでプレーした後、カバーニの後釜としてナポリへ移籍。2015-16シーズンにはセリエA得点王を獲得し、現在はユヴェントスでプレーしている。

 今では世界的な名声を手にした2人。10年前の冬、仮にカバーニがレアル・マドリードに加入していたら、イグアインはどのようなキャリアを歩んでいただろうか。振り返ってみると、両選手にとってのターニングポイントとなった移籍市場だったのかもしれない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO