FOLLOW US

C・ロナウドが新守護神獲得を進言? テア・シュテーゲンら3選手を候補に

C・ロナウドが現守護神の能力を疑問視か [写真]= fotopress/Getty Images

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがクラブの会長にGKの刷新を求めてるようだ。スペインメディア『Diario Gol』が15日に伝えた。

 同メディアによると、C・ロナウドはクラブの2人のGK、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスとスペイン人GKキコ・カシージャの能力がレアル・マドリードのレベルに達していないと考えており、チームを勝たせることができる“名手”を獲得するようフロンティーノ・ペレス会長に伝えたという。

 ヨーロピアンスタイルを持つGKを欲しているというC・ロナウドは、例としてドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(チェルシー)の3選手の名前をあげたようだ。

 レアル・マドリードは今シーズン第8節終了時点で勝ち点「17」の3位。得点数は「15」で失点数は「7」であり、首位バルセロナの得点数「24」、失点数「3」と比較すると低調なスタートとなっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA