2017.10.16

C・ロナ、“28本目の正直”で今季リーガ初得点…ジダン監督も歓迎

クリスティアーノ・ロナウド
ヘタフェ戦の得点後、険しい表情だったC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに、今シーズンのリーガ・エスパニョーラ初ゴールがようやく生まれた。14日に行われた第8節のヘタフェ戦。敵地に乗り込んだレアル・マドリードは苦戦を強いられたが、1-1で迎えた85分にC・ロナウドが決勝ゴールを挙げて2-1と競り勝った。

 C・ロナウドは今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)では2試合で4ゴールを挙げている。しかし、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)で科された出場停止処分により、第4節まで欠場を強いられたリーガ・エスパニョーラでは、第5節から3試合連続で無得点に終わっていた。

 開幕から出場3試合無得点というのは、2009年夏にレアル・マドリードに加入して以来初めてのこと。14日のヘタフェ戦でも、押し込むだけで良いシュートを外すなど、またしても無得点に終わるかに見えた。それでも85分、スペイン代表MFイスコからのパスをフリーで受けたC・ロナウドは、右足で冷静にシュート。値千金のゴールでレアル・マドリードに勝利をもたらした。

 スペイン紙『マルカ』によると、C・ロナウドは初得点までにリーガ・エスパニョーラ4試合で28本ものシュートを要したとのこと。苦しみ抜いた末に記録した待望のゴールを受け、試合後の会見に臨んだジネディーヌ・ジダン監督は、最初の一歩が重要であるとの見解を示している。

「クリスティアーノに1点目が生まれたのは大きい。個人的にも嬉しいし、今後のパフォーマンスが見物だ」

 連覇を狙う今シーズン、スタートダッシュに失敗したレアル・マドリード。それでも現在は3連勝と上昇気流に乗りつつある。5位から3位に浮上すると同時に、開幕8連勝を逃した首位バルセロナとの勝ち点差を「5」に縮めた。チームと同様に出遅れたC・ロナウドも、“28本目の正直”を機に上昇気流に乗り、得点量産体勢に入りたいところだろう。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る