2017.10.14

“弱者の戦い方”が奏功のヘタフェ、満員の本拠でレアルとのマドリード・ダービーに臨む

[写真]=ムツ カワモリ
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 14日に行われるリーガ・エスパニョーラ第8節では、ヘタフェとレアル・マドリードによる“マドリード・ダービー”が行われる。

 日本代表MF柴崎岳が所属するヘタフェは、開幕7試合を終えて12位。2勝2分3敗で、勝ち点8を記録している。旋風を巻き起こしているわけではないが、リーガ1部復帰初年度のスタートとしては全く悪くない。同勝ち点とはいえ、アスレティック・ビルバオやエスパニョールよりも順位は上なのだ。

 まずまずの出だしとなった最大の要因は、“堅守速攻”という弱者の戦い方に徹しているからだだろう。データサイト『WhoScored.com』によると、ボール支配率(40.4%)、パス成功率(63.7%)、1試合平均のドリブル数(5.3回)はいずれもリーグワースト記録。一方で、1試合平均のタックル数(23.1回)とファール数(17.6)はリーグ1位、インターセプト数(15.1回)は同2位となっており、激しい守備をベースに手数の少ないカウンターで勝利を狙うというスタイルの明快さがチームの原動力となっている。

 幸か不幸か、第4節バルセロナ戦(1-2)で柴崎が負傷し長期離脱を強いられて以降、そのスタイルはさらに磨きがかかっている。ホセ・ボルダラス監督は柴崎に代わる司令塔を置くのではなく、ストライカー(FWアンヘル・ロドリゲス)をもう1枚増やして2トップを採用。ボールを奪うと素早くサイドに展開して、クロスや斜めのパスで相手ゴールに襲い掛かるという攻撃戦術を用いている。

 とはいえ、4-4-2の両サイドMFのキャラクターは対照的だ。右サイドを担当するMFアルバロ・ヒメネスはドリブル突破を得意としているのに対して、左サイドを担当するMFアマト・ディエディウは快足を生かした2列目からの飛び出しに特長がある。そのため、右サイドで攻撃を組み立てて逆サイドで仕留めるというのが、現時点でのヘタフェの攻撃の“型”になっている。

 前述のデータサイトを見ても、ピッチを縦に三分割したとき、右サイドからの攻撃の割合はリーグ最高となる48%を記録する一方で、左サイドからの攻撃の割合はリーグ最低の29%という数値を叩き出している。この“右高左低”という非対称の攻撃が機能するか否かが、ヘタフェの鍵となるだろう。

 そういう意味では、レアル・マドリードの左サイドバックの人選にも注目が集まる。ケガで戦列を離れていたDFマルセロとDFテオ・エルナンデスは、先週から全体練習に復帰。調整が順調であれば、この試合から再びプレーする可能性がある。となると、ウイルス性の心膜炎で欠場確実のDFダニエル・カルバハルに代わる右サイドバックは、前節トップデビューを果たしたばかりの若手DFアクラフ・ハキミではなく、実績十分のDFナチョ・フェルナンデスが務めることとなり、アキレス腱となり得た最終ラインは一気に安定感を増す。ヘタフェ戦の3日後にはトッテナムとのチャンピオンズリーグ(CL)を控えていることもあり、ジネディーヌ・ジダン監督のメンバー選考は試合に大きな影響を与えそうだ。

 なお、レアル・マドリードにとっては、ジダン監督就任後、公式戦100試合目という節目のゲームを迎える。すでにチケットは完売しており、当日は満員のファンがスタジアムに詰めかけるだろう。果たして、ヘタフェは金星を奪えるのか、最後まで目の離せない一戦となりそうだ。

記事/Footmedia

リーガ・エスパニョーラ見るならWOWOW

スペシャルサイトへ

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る