2017.10.10

“X・アロンソ監督”が始動…各国から選抜された若手選手たちを指導へ

X・アロンソ
昨シーズン限りで引退したX・アロンソ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンやリヴァプール、レアル・マドリードに所属し、昨シーズン終了後に引退した元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏が、“監督”としてのキャリアをスタートさせるようだ。イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 現在35歳のX・アロンソ氏はレアル・ソシエダの下部組織出身で、1999年にトップチームデビュー。2004年にリヴァプールへ移籍し、レアル・マドリードでのプレーを経て、2014年にはバイエルンに加入した。そして、昨シーズン終了後に現役を引退。コーチとしてリヴァプールに復帰し、同クラブのUー18チームを率いるスティーヴン・ジェラード監督と再会を果たしていた。

 同紙によれば、アディダス社が企画する『タンゴ スカッドFC』の監督にX・アロンソ氏が就任。同チームは2016年に結成され、トライアルを実施し、イングランド、スペイン、メキシコ、フランス、ドイツ、イタリアなど各国の才能を持つ優秀なアマチュア選手たちを集めたという。

 今月16日から“X・アロンソ監督”が始動。選手たちに対し、世界の様々なスタープレーヤーから学べる機会を提供していくという。映像の中で同氏はトライアルを勝ち抜いた選手たちに対し「まだスタートラインに立ったばかりだ。監督として、私は君たちといつも共にある。試合を楽しむんじゃない、仕事に取り掛かろう」とメッセージを送っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る