2017.09.03

セリとI・マルティネス獲得は見送り…バルサ幹部「ベターだと判断」

セリ、イニゴ・マルティネス
バルサの補強候補と報じられていたセリ(左)、I・マルティネス(右) [写真]=Icon Sport via Getty Images、Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナのスポーツディレクター(SD)を務めるロベルト・フェルナンデス氏が、今夏の移籍市場における選手補強について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が2日に報じている。

 バルセロナは今夏、ドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレや広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョといった面々を獲得。一方で、補強の可能性を取り沙汰されていたレアル・ソシエダのスペイン代表DFイニゴ・マルティネスやニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・セリの獲得は実現しなかった。

 フェルナンデス氏は「我々のスカッドを見渡した後、セリやイニゴ・マルティネスとの契約をしない方がベターだと判断した」とコメント。両選手の獲得を行わなかった理由を明かしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る