2017.09.02

ネイマール、コウチーニョの“悲しみ”を語るも「クラブは間違っていない」

ブラジル代表
コウチーニョ(左)を語るネイマール(右) [写真]=Sebastiao Moreira - EFE
スペイン最古の歴史を持つスポーツ新聞。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日配信!

 2018 FIFAワールドカップロシア・南米予選、エクアドル戦に2-0で勝利を収めたブラジル代表。69分にMFパウリーニョが先制点を決めると、77分にはMFコウチーニョが追加点を挙げている。59分から途中出場したリヴァプールのMFは、プレーの流れにダイナミクスを与えた。

 試合後に同代表FWネイマールは、ゴールを決めたコウチーニョについて次のように語っている。「彼のゴールはとても嬉しい。僕もハッピーだよ。彼はとても悲しんでいるが、勝利のためにチームを助けてくれた」

 ネイマールの言うコウチーニョの“悲しみ”とは、バルセロナへの移籍がなくなったこと。しかしパリ・サンジェルマンのアタッカーは、それを残念だとは思っていないようだ。ブラジルメディア『Estadao』によると、この試合の2日前、ネイマールはコウチーニョに「バルセロナ移籍を遠ざけたリヴァプールの決定は間違っていない」と語ったそうだ。

 悲しみとともにプレーしたコウチーニョだが、ネイマール自身もこれまでの試合とは異なる雰囲気を感じたようだ。ブラジル代表は先制点を挙げるまでに70分を要した。「最近の試合では珍しく、ゴールが生まれたのは試合が終盤に差し掛かったころだった。でも最終的には勝利を収めたし、チームは順調だよ。すべての点で良くなっているから、これからも成長すると思う」と語っている。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る