2017.08.08

バルサの本命はドラクスラーか…バルセロナにて代理人の目撃情報あり

ドラクスラー
バルセロナ移籍が噂されるドラクスラー [写真]=Yoan Valat EFE
スペイン最古の歴史を持つスポーツ新聞。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日配信!

 ドイツ紙『ビルド』が、バルセロナが獲得を迫るブラジル代表FWネイマールの代役候補をにおわせている。

 パリ・サンジェルマン(PSG)所属のドイツ代表ユリアン・ドラクスラーの代理人であるロジャー・ヴィットマン氏の姿が、バルセロナの空港で目撃されたのだ。エル・プラット空港で撮られたヴィットマン氏の写真を掲載したこのドイツ紙は、ヴィットマン氏がバルセロナとの交渉のために訪れた可能性があると報じている。

 2017年1月にPSG加入を果たした23歳のドラクスラーは、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じたように、バルセロナがネイマール移籍交渉の際、PSGに対して違約金の支払いとともに移籍を要求した選手の1人だ。ドラクスラーのほかには、イタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、フランス代表MFアドリアン・ラビオの名前が挙がっている。

 バルセロナが獲得を目指す第1候補はヴェラッティだったが、PSGは“移籍不可”のリストに加えた。一方、ドラクスラーの特徴はポリバレントな才能を有している。両ウイングに加え攻撃的MFとしてもプレー可能。2016-17シーズン冬の移籍市場で、ヴォルフスブルクからPSGに移籍し、2021年までの契約を結んでいる。

 ドラクスラーの市場価値は、移籍専門サイト『Transfermarkt.de』によると3500万ユーロ(約45億6000万円)とされている。

『ビルド』の8月6日号は、ヴィットマン氏のバルセロナ訪問の目的がバルセロナとの交渉であるとは断言していない。しかし「バルセロナはドラクスラー獲得に興味を示しているブンデスリーガ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラにある6チーム中の一つである」というヴィットマン氏に近い人物からの情報を併せて報じた。さらに、アトレティコ・マドリードもドラクスラー獲得を狙う6チームの一つと見られている。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る