2017.07.30

D・アウヴェスはネイマールとの共闘望む「両手を広げて歓迎するよ」

D・アウヴェス、ネイマール
D・アウヴェス(左)がネイマール(右)をパリSGに勧誘している [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが、同クラブへの移籍が噂されるバルセロナの同代表FWネイマールについてコメントした。スペイン紙『アス』が29日付で伝えている。

 D・アウヴェスとネイマールは、バルセロナで数多くのタイトルをつかみ取った間柄で、ブラジル代表でも多くの時間を共にしている。今夏はバカンスの一部も共に過ごしていたといい、一部ではD・アウヴェスがパリ・サンジェルマン加入を決めたのはネイマールが同クラブに加入することを知ったからとも報じられた。

 そんな中、D・アウヴェスは29日に行われたモナコとのフランス・スーパーカップに先発出場。直接FKでゴールを挙げるなど1得点1アシストの活躍で、パリ・サンジェルマンに今シーズン最初のタイトルをもたらした。同紙は、D・アウヴェスの試合後のコメントを掲載。その中で、ネイマールを同クラブに勧誘する内容の発言をしている。

「彼(ネイマール)が決めることに関して僕は何も関係していない」とD・アウヴェスは前置きしながらも、「僕はいつも友達にはそばにいてほしいと思っている」と言及。さらに「僕たちは両手を広げて歓迎するよ」と続け、ネイマールの加入に期待を寄せた。

 また、D・アウヴェスは現在ネイマールを取り巻いている状況について、ネイマールバルセロナに加入した2013年に似ていると感じているようだ。

「(2013年の時は)僕は何も彼が決めたことに関わっていない。彼にバルセロナがどんなチームなのかを伝えただけだ。そして、彼はバルセロナに来ることを決めた。このような状況というのは勇敢な者のためにある。僕は勇敢だったから、バルセロナを去ってユヴェントスに移籍した。今、ネイマールは彼自身の成熟と進歩を見込まなければならない。もし彼が残りたいなら、残るべきだ。もし彼が出ていきたいなら、出るべきだ。明らかなのは、彼が僕たちと共にいることを僕は好むということだね」

 一部ではネイマールバルセロナのチームメイトに別れを告げたとも報じられているが、D・アウヴェスの存在はパリ・サンジェルマン移籍の決め手となるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング