2017.07.10

期待値0から中軸へ…バルサへ優勝をプレゼントしたマチューの功績

マチュー
バルセロナで3シーズンを過ごしたマチュー [写真]=Manel Montilla - MD
スペイン最古の歴史を持つスポーツ新聞。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日配信!

 フランス代表DFジェレミー・マチューバルセロナが獲得した当時、活躍を期待されていなかった。しかし、リーガ・エスパニョーラ2014-15シーズンのレアル・マドリード戦とセルタ戦のヘディングゴールは、同選手のバルセロナでの活躍において記憶に残るものとなった。

 今夏の移籍市場でバルセロナからスポルティングへ移籍したマチュー。バルセロナに所属していた3シーズンでリーグ優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝1回、コパ・デル・レイ優勝1回を経験した。

 14年夏、バルセロナがバレンシアとの違約金2000万ユーロ(約26億円)を支払ったとき、マチューは30歳。ベテラン選手の獲得は時にリスクを伴い、当時バレンシアのレギュラーとして活躍していたが、バルセロナ特有の戦術に適応できるかどうかは疑問だった。

 10年7月に加入後約1年で、ケガなどもありチームを離れた元ウクライナ代表DFドミトロ・チグリンスキーや、バルセロナ史上最悪の契約といわれている1998-2000シーズンに所属したオラン代表DFウィンストン・ボハルデとマチューを同等にするのは不公平だ。なぜならマチューの良い結果を残した14-15シーズンは尊敬に値する活躍を見せた。

 15年3月22日に2-1で勝利したクラシコでヘディングゴールを決め勝利に貢献。ライバルであるレアル・マドリードに土をつけた。さらに同年4月5日のセルタ戦でもヘディングゴールを決め、バルセロナは最終節を前にリーガ優勝が決定。マチューの2ゴールはバルセロナのリーガ優勝にとって不可欠だった。

 直近の2シーズンでマチューのパフォーマンスは徐々に低下。今シーズンのCL準々決勝ファーストレグ、ユヴェントス戦でアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにゴールを決められたシーンは同選手のミスだったが、実力ある選手たちと張り合いを見せていた。

 マチューはバルセロナ在籍中にケガをしたにも関わらず、3シーズンで91試合の出場を果たした。CL、リーガ、コパ・デル・レイの3冠を達成した14-15シーズンにおいて活躍し、センターバックや左サイドバックとしてチームに貢献。入団時にはさほど期待されていなかったマチューは、確かにバルセロナの歴史の一部としてサポーターに認知されるだろう。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング