2017.07.10

バルサのJ・アルバ、「史上最高」とメッシに賛辞…カタールW杯にも言及

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバが、チームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約更新などについて語った。9日付けのスペインメディア『EFE』がコメントを伝えている。

 J・アルバは現在、バルセロナのチームメイトであるスペイン代表DFジェラール・ピケや同MFセルヒオ・ブスケツとともに、2022 FIFAワールドカップ開催地のカタールを訪問している。同国についてJ・アルバは「この国はサッカーが大好きなんだ」と印象を述べたうえで、「スタジアムは満員になるだろうし、ワールドカップの開催は人々に大きな幸せをもたらすことになるだろうね」と、ワールドカップの成功に太鼓判を押していた。

カタールを訪問中のJ・アルバ(左)やブスケツ(左から2人目)ら [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 また、バルセロナの下部組織で指導をした経験を持ち、現在はカタール代表の指揮官を務めているフェリックス・サンチェス監督については、「過去に彼は、僕や家族をよくサポートしてくれていた。彼は勝者のメンタリティを持つファイターであるし、とても頭の良い指揮官なんだ。ここでとても良い仕事をすることになるだろうね」と語っている。

 さらにJ・アルバは、バルセロナの象徴であるメッシが2021年まで契約を延長したことについて、「このクラブやチームにとって、とても重要な契約更新だ」とコメント。「彼は“世界最高”かつ“史上最高”の選手なんだ」とも語り、メッシに対して改めて最大級の賛辞を贈っている。

 また、エルネスト・バルベルデ新監督のもとで迎える新しいシーズンについては、「僕たちは可能性のある全てのタイトルを勝ち取りたいと思っているし、僕は新監督のプランに入るために努力をするつもりだ」と抱負を語ると、「僕たちを含めた世界中がゼロからのスタートを切る。新たな挑戦に立ち向かうことを楽しみにしているよ」と続け、新シーズンに向けた意欲が十分であることを示していた。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る