2017.06.19

レアル、“第二次ペレス政権”が継続…会長の任期、21年まで延長

ペレス
2021年まで任期が延長されることが決まったペレス会長 [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、2021年まで同職を務めることが決まったようだ。スペイン紙『マルカ』や同『アス』など複数メディアが19日に報じている。

 報道によると、会長選の立候補期限は18日の深夜に設定されていたが、ペレス会長以外の候補者が現れなかったため、同氏の再選が決まった。任期は2021年まで延長される。

 ペレス会長は1999-2000シーズン終了後の会長選で初当選を果たし、“銀河系軍団”と称された豪華メンバーを揃えた。就任直後の移籍市場で元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏をバルセロナから獲得したほか、翌年には現指揮官の元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏、さらに2002年夏には元ブラジル代表FWロナウド氏を獲得。2003年夏には元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏と、立て続けに大型補強を行った。

 だが、2005-06シーズン途中、2年連続での無冠が濃厚となったことで辞任を表明。“第一次政権”は終焉を迎えた。

 そして約3年後、2009年6月に2度目の会長就任が決定。2011-12シーズンにリーガ・エスパニョーラを制し、2013-14シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たした。そして昨シーズンと今シーズンには史上初のCL連覇を達成。今シーズンは5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇も成し遂げている。

“第一次政権”時に選手として獲得したジダン監督とともに、充実の“第二次”任期を継続しているペレス会長。今後も栄光の時を築くことはできるだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング