FOLLOW US

ロナウジーニョにリヴァウドも…バルサのブランド力強化に向けてレジェンド達と契約

過去のレジェンド達が続々登場 [写真]=Claudio Chaves - MD

 バルセロナは、各国で行われるクラブの国際イベントに関係者が出席するように動き続けている。そのため、クラブで歴史を作った実績のある元3人の選手がクラブへ加入するようだ。

 2月、元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナの親善大使に就任。元サッカー選手で構成される「レジェンド・プロジェクト」の一員として、世界各地で親善試合に参加し、各国でバルサの普及活動に努めている。

 それに続き、今回3人の元選手が新たにクラブに加わる見込み。肝臓癌を乗り越えて2010-11シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たした元フランス代表DFエリック・アビダル氏。ルイ・ファン・ハール監督時代に獲得した大物であり、バルセロナの選手としてバロンドールを獲得した元ブラジル代表FWリヴァウド氏。そして2006年にバルセロナが2度目のCLを制覇した際、決勝弾を決めた元ブラジル代表DFジュリアーノ・ベレッチ氏である。クラブは数日中にこの3人との契約を公式発表する予定だ。彼らは30日にマンチェスター・U・レジェンズと試合を行うバルセロナ・レジェンズの新選手として加わることになる。

 国際的観点において、最近クラブが力を入れたのがロナウジーニョ氏との契約で、同氏はすでにクラブの親善大使として仕事をして大きな成功を収めた。ニューヨークで行われたバルセロナの商業オフィスの完成式典に出席し、さらには中国の海口市にテーマパークを建設するため、ミッションヒルズとバルセロナの合意におけるサインに立ち会っている。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA